札幌のセフレに免許を与えないでください

「ああ、祖母と娘(40代)と一緒に運転するのは危険です。乗客は乗るときに注意する必要があるのでしょうか?」
札幌のセフレの前の駐車場出口から出るために横になりましたか?と思って足りなくなった時は雨の日老人でした!
どうやら彼は入り口(1台で約40メートルの道)から出ようとしているようで、入り口から入って来た叔母は立ち往生して見つめています!
近かったので、車を最後まで動かして、おじいさんの車に行くのをやめました!
「札幌のセフレ、後ろ向きなので戻ってきて!」と言うと
「ああ、なるほど、なるほど。雨が降っているので、サッサを追い払ってください!」
彼女は驚いて乗客に「この老人に免許を与えないでください!事故があったらあなたが出会いです!」と言いました。
乗客は「何のことを言っているの?」と尋ねるだけでポーカー状態になっています。
続けられない!車に戻ると、入り口から入って来た叔母が後ろの道に出てきた。車がたまたま道路に来なかったので、いい人が来たら叔母が事故に遭うかもしれません。 !!
このような長老支配をなくすために、自動車教習所で少なくとも半年に一度、65歳以上の人を札幌のセフレに認知テストを実施し、ポイントに達していない人を再検査(泣きながら)するのは免許剥奪です。 。いいと思いますが…18歳から運転免許を取得することにしましたが、どうして毎回試験を受けて運転免許を取得できるのでしょうか?そうですね。それは愚かなオフィスの仕事です!
「札幌のセフレがなければ、過疎地域に住むことができる」とよく言う支持者がいます。しかし、あなたが人身傷害を負った場合、あなたの家族や他の家族は何をしますか?私は思うだろう。
先を見越すことができず、「わがまま」という愚かな発言だと思います。
「大丈夫!」と言って、根拠のない自信のある人だと思います。
雨の中で不快なジジイに巻き込まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です